挙式は挙げるべき!本当にそう思える結婚式

挙式は挙げるべき!本当にそう思える心に残る結婚式でした

私は結構仕事が大好きな人で、結婚しても仕事を辞めるつもりはなく、家事と両立していこうと思っているタイプの人でした。正直ちょっと性格も男の人っぽいのかな(笑)なので結婚するにしても披露宴とか挙式とかは全然やりたくないタイプの女性だったんです。白無垢に憧れたり、ウエディングドレスに憧れてするタイプの女性では無く、入籍だけすればオッケーだったんですよね。

しかし、彼の実家は絶対に結婚式をしなければいけないという感じだったので、正直、私と意見が対立していたんです。でも、結局のところ彼の意見を押し通す形になり、挙式をすることになったんですよね。当日まであまり結婚式に乗る気ではなかった私。そんな私が結婚式当日、彼のお母さんにプレゼントされたものがありました。そのプレゼントは真珠の指環だったんです。

「私も結婚する時に姑となる人からこうやって指輪を渡されたのよ。色々と意見が対立したり、蟠りがあったりとかしたんだけれども、姑さんに指輪をプレゼントしてもらって本当に嬉しかったのを思い出して、私も結婚式当日は貴方に絶対プレゼントしたいと思っていたの。嫁ぐ気持ちは女性にしかわからない特有のものがあるはず。私もあなたに色々な意見をしたけれども、嫁ぐ不安な気持ちはよくわかっているのよ。結婚してあなたは私の娘となるのだから、母から娘への初めてのプレゼントを結婚式当日にしたかったの」それを言われて涙が一挙に零れ落ちました。

仕事一筋であんまり周りの人の気持ちを理解しようとしなかったのかもしれません。お義母さんに対しての誤解も解けて、その後の挙式は本当に感動的なものとなりました。今ではお義母さんとは二人で買い物に行ったりする凄く仲の良い本当の親子の様なんですよ。私は挙式を通じて真実が見えたものもあったので、本当に式を挙げて良かったなって心から思います。